エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【ダメ治療家あるある】こんな“指の使い方”していませんか?

519 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。

本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


突然ですが、

「動画で見た手技を使っても
 ゴッドハンドのような
 結果を出せたことがない…」

そう感じている先生はいませんか?


毎回結果を出して患者さんに
感謝されるゴッドハンドと

ゴッドハンドの真似をしても
なぜか結果を出せない先生は、

いったいどこが違うのでしょう。


実は、その違いは
“指関節”の動きにあるのです。


その答えを知りたい先生は
今すぐ動画をご覧ください。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ

※動画視聴ページにジャンプします

患者さんの身体を把持する時
“指の関節”を意識していますか?


実は、把持する時“ただ掴むだけ”と
関節を“連動させて掴む”では、

全く効果が違ってきます。


関節を連動で動かすためには
心身楽道が提唱している
『連動トレーニング』を行うことで、

関節を本来動かす方向に動かし
身体から無駄な力みを抜くことができます。


これができるようになると
術者の身体の緊張がなくなるので、

患者さんにも緊張を与えず、触れただけで
関節や筋肉が緩む効果があるのです。


ですから、施術をする前から
すでに効果を出していることになります。


先生の手技にプラスして
連動した動きがきれば、

今よりも飛躍的に
効果を出すことができます。


ぜひ動画で関節の連動を覚えて
現場で使ってみてください。

 

■デモ


肩の外転など可動域を見ておきます。
受け手の腕を把持します。

A.直線的に指を曲げて把持する
B.指を螺旋の動きで曲げて把持する


Aでは可動域は変わらず、
Bでは可動域が改善しました。


螺旋の動きができていると
術者の力みが抜けているため
緩みが受け手に伝わります。


操作は何もしていませんが
把持しただけで施術効果が
出たことになります。

■道具を使ったデモ


木槌を使って肩を施術してみます。

タイのトークセンと呼ばれる療法です。
可動域の変化で評価します。


A.直線的に指を曲げて把持する
B.指を螺旋の動きで曲げて把持する


Aは可動域が変わらず、
Bでは可動域が改善しました。


道具を使うときも力みが抜けた
握り方をすると効果が上がります。

人の体を把持するときよりも
力みに気づきにくいので
握り方をよく意識する必要があります。


指の連動トレーニングについては
動画で詳しく解説しています。

最後までご覧ください。

 

指の動きはスポーツの
パフォーマンス向上にも役立ちます。


剣道や野球でも小指を効かせる
ように言われることがありますが、

力みが抜けるように握っていると
相手やボールに力が
伝わりやすくなるからです。


スポーツをする患者さんへの
指導としても役立つ情報なので、

ぜひ覚えてください。


追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!


 ※登録はもちろん無料です
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV