エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 練習法

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【ビデオ】”氣”を通して圧痛を取るには?

1142 Views

おはようございます。

横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。


本日は水曜日となりますので、

===========

■毎週水曜配信

則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』

===========

をお届けいたします。


年末の配信で2回にわたって、

「下半身、上半身の動きを連動させて
 身体を一つにして使う」

というテーマでお話しました。


身体を一つにする動きを使うと、
施術においても効果を
上げることができることも
デモンストレーションしました。


体重移動を使って施術するように
教えられるケースが多いですが、

術者に力みが生じるので
受け手に防御反応が起きて
施術効果がマイナスになってしまいます。


身体を一つにして使うのは
武道を長くやっていても
できている人が少ないのですが、

この講座でお伝えしたことを練習していくと
短期間でできるようになります。


身体を一つにして使うことができると、
「気を通す」ことが
比較的簡単にできるようになります。


気を通せるようになると、
施術効果はさらに上げられます。


気功の教室や本では
イメージだけを使った気の通し方を
教えることが多いようです。


たとえば、腕の中を気が通っている
イメージを持っていると
相手が腕を曲げようとしても
曲がらなくなります。


この方法は誰でもすぐにできますが、
少ししか気が通りません。


拙著「健康法の極意2」では
上記の方法の数倍効果のある
気の通し方を解説しています。


施術に気を使うのであれば、
こちらのやり方を
マスターする必要があります。


本講座でもそのエッセンスを
ご紹介していきます。


続きはコチラの動画でご覧ください。

 ↓↓↓



気の通し方をマニュアル的に書くと

1.体を連動させながら腕を伸ばし、
  腕に気を通すイメージを持つ
2.力みを抜く


となります。


力みを抜いた状態から
さらに力みを抜く(緩ませる)わけです。


気が通る障害となる
力みを抜くことで瞬間的に気が出ます。


水の通っているホースの中の詰まりが取れると
勢いよく水が出てくるようなイメージです。


力んだ状態から力みを抜いても
単にたるんだ状態になってしまいます。


まず力みが抜けた状態
 = 体を一つにして使える状態

を作ります。


「緩みとたるみは違う」
と言われることがあります。


では実際に気を通してみましょう。


腕を伸ばした状態から力を抜いて、
さらに腕が伸びていくのが目安です。



==========
【ワーク】
==========


立った状態で片足を前に出します。


同じ側の腕を前に伸ばして、
腕に気が通っているイメージを持ちます。


脚から腕まで、
螺旋の動きの連動を意識します。


腕に気が通っているイメージを維持したまま
力みを抜くと腕に気が通って手から出ます。


このとき腕がさらに前に伸びます。


腕を伸ばすときに力んでいると、
力みを抜いたときに
肘が曲がってしまい気も出ません。



==========
【チェック法:対人】
==========


腕を目一杯伸ばしたところで
相手と手を軽く合わせます。


ここから相手を押すのですが、
腕を伸ばしているので腕力は使えません。


体重をかけたり、
面を蹴ったりしても相手を押せません。


うまく力みが抜けて
気が通ると相手が動きます。


気を通すだけで受け手は緩むので、
これだけで施術として使えます。


筋肉が緩んで可動域が改善したり
圧痛が緩和したりします。


施術として相手に作用させるには
心技体の「心・技」も必要になります。


メルマガでお伝えしてきたように
以下の二点を意識します。


・心理的には相手を大切に思うこと。
・意識のコントロール(技)としては
 手が相手に触れる面、および足が
 地面に触れる面のバランスを取ること。


これらができていないと、
緊張が生じて気が通らなくなります。



==========
【施術デモ】
==========


たとえば鎖骨の下に気を通してみます。
筋肉の硬さや圧痛、肩関節の可動域を調べておきます。

硬さや圧痛のあった箇所に気を通します。
もう一度、圧痛や関節の可動域を調べます。



■解説


気が通せていれば筋肉が緩んだり、
可動域が改善したりします。


筋肉が緩んでも圧痛は残ることがあります。


圧痛を取る場合は
2~3回繰り返してもかまいません。


これだけでも施術になる、と書きましたが
実際には他の技法と組み合わせて
使うことがほとんどです。


他の技法と組み合わせるには、
さらに注意する点がありますので、近々解説します。



==========
【まとめ】
==========


・気を通す以前に身体を一つに
 使えている必要がある。

・体を伸ばすイメージを持ったまま
 力みを抜くと気を通せる

・気が通せれば
 それだけでも施術になりうる。



==========
(年末の配信・追記)
==========


年末の配信(12月26日)の
「動きの中心」のワークで
動画が撮れていなかったそうなので
追記・再掲します。



==========
【ワーク:一人用】
==========


立位で後屈して可動域を見ておきます。


片手で恥骨の上、
もう一方の手で仙骨の上に触れます。


触れたまま前屈、後屈を
数回繰り返します。


身体の真ん中よりやや奥にある
腰仙関節が動くのを感じながら行います。


もう一度後屈すると
可動域が広がっているはずです。



■解説


手技の効果を検証するのに
後屈の改善を見ることがありますが、
このワークだと数十秒で効果が出ます。


単に筋肉が緩むだけでなく、
全身の連動性が高まります。


骨を意識しながら身体を動かすことで
内側でブレーキがかからないようになります。


患者さんにセルフケアとして
指導するのも良いと思います。


間違った体の使い方をしていると、
すぐに身体が固くなってしまうので
施術だけでなく指導も重要だと思います。


重要なのは身体意識を養って、
正しい動きをインプットすることなのです。


本日も最後までお読み頂き、
ありがとうございました。


ご感想、質問など
いただけたらありがたいです。

 ↓↓↓
【ご質問・リクエストはコチラ】
https://jp.surveymonkey.com/r/CV65V58



次回のレッスンも
楽しみにお待ちください。


則本純佑



追伸


先生はもう、

「エネルギーTV
 Youtubeチャンネル」

はチェックされましたか?


エネルギーTVでは
今後も気功やエネルギー治療の
達人の講義映像を
無料でお届けしていきます。


公開された映像は全て

「エネルギーTV
 Youtubeチャンネル」

に蓄積していきますので、


こちらのチャンネルから
最新映像から過去の映像まで
全てご覧いただくことが可能です。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)
 
 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 エネルギーTV