エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【ビデオ】指を”1ミリ”動かして腱鞘炎を治す方法

979 Views

↓↓↓本日の動画はコチラ↓↓↓

■■■■■■■■


おはようございます。

横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。


本日は水曜日となりますので、

===========

■毎週水曜配信

則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』

===========

をお届けいたします。


前回は皮膚をずらして
緩ませる技法について解説しました。


離れた部位の緊張を感じて
緩ませることができます


緩んだときは
可動域が改善すると同時に
力の出方が改善します。


力の出方を
改善できる技法は多くないので、

トレーナー活動をしている先生は
競技の直前に選手が
力が出る状態にしてあげると喜ばれます。


今回はこの技法を
指節関節に応用してみましょう。


指節関節も螺旋の動きをします。


ネットにある解剖学情報で

「指節間関節は螺旋関節の例外」

と書かれているものがありますが、
動かしてみると
螺旋関節であることが分かります。


手の指節関節は手首と連動して、
足の指節関節は足首と連動して
螺旋の動きをします。


指の施術を動画で公開している先生でも
螺旋を意識して
動かしている先生は少ないようです。



===============
【ワーク一人または対人】
===============


自分の指を
少し反らしながら引いてみます。


少し内旋しながら
引くと手がつられて動きます。


その動きが
指の本来の動きになります。



■解説


ひねらずに引くと
手が抵抗するのが分かると思います。


反らす動きと捻る動きが
うまく合わさると手が釣られて動きます。


次に相手の指を操作してみます。
皮膚をずらす技法を用います。


掌、手首、前腕と
つながっていく感覚が出ます。



===============
【施術ワーク】
===============


・事前チェック

1.
親指を曲げるようにして
掌を押してもらいます。

2.
肘を伸ばすようにして
体を押してもらいます。


・施術

相手の指を少し捻りながら反らします。
抵抗を感じたら、同じ位置で
皮膚をずらすようにテンションをかけます。

緩んだ感じがしたら再びチェックします。



■解説


螺旋を意識して動かし、
皮膚をずらしていると手首で
引っかかっていることが感じられます。


そこが緩むと次は肘で
引っかかっていることが感じられます。


できたら肘も緩むまで
皮膚をずらした状態を続けます。


施術では腱鞘炎など
手首の症状に使えます。


手首を動かすと痛い場合でも
指から緩めることができます。


足の指も同じように施術できます。



===============
【施術ワーク】
===============


・事前チェック

足を上げるか自分で上げてもらい、
重さを調べます

土踏まずの圧痛などを調べます。


・施術

手の指と同じように
ひねりながら軽く反らします。

足指の場合は他の指から
離すように少し開くとよいです。

抵抗を感じたら、
同じ位置で皮膚をずらすように
テンションをかけます。

緩んだ感じがしたら
再びチェックします。

(屈曲させるときは逆のひねりを
 加えて皮膚をずらします。)



■解説


ずらした状態を維持していると、
足関節から引っ張り返して
きていることが感じられます。


足関節が緩むと膝関節から
引っ張り返してきていることが
感じられます。


緩むのには数秒ですが
時間がかかります。


焦って力を入れてしまうと
逆効果になります。


動画では母趾だけ施術していますが、
他の指も同様に施術することができます。


土踏まずの圧痛は
母趾の操作で改善することが多いです。


膝裏の緊張も同様の操作で
取ることができます。


外反母趾も改善例がありますが、
施術だけでなく、この方法を覚えて
セルフケアされていたのと
立ち方も修正しました。


立ち方については
以前も解説していますが、

特に拇指球側と小指球側の
体重のかけかたを
等しくするのが重要です。


ほとんどの人は
拇指球側に体重が偏っています。


「指まで施術している時間が無い」
という先生も多いと思いますが、

個人的には逆に指から緩めた方が
施術がスムーズにいくという感じがしています。



===============
【まとめ】
===============


1.
皮膚をずらす技法を
手や足の指に応用できる

2.
指から手首や肘といった
離れた関節を緩められる。

3.
足指の場合も
足関節や膝を緩めることができる。


次回のレッスンも
楽しみにお待ちください。


則本純佑



追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)
 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 エネルギーTV