エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【ビデオ】腱鞘炎が即座に改善!「骨を動かす」技法

1119 Views

 ↓↓↓本日の動画はコチラ↓↓↓


■■■■■■■■■■



おはようございます。

横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。


本日は水曜日となりますので、

===========

■毎週水曜配信

則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』

===========

をお届けいたします。


前回は螺旋の動きをサポートする
『気が出るテーピング』をご紹介しました。


貼って頂くことで、
可動域や力の出方といった
パフォーマンスが上がります。


また、施術者が
このテーピングすると

施術効果がアップするという
従来のテーピングには
無い効果が得られます。


今回は
「骨を動かす」技法
を紹介します。


なにげなく手首を
曲げたりするときには
ちゃんと骨を意識して動かせていません。


力が伝わるときにロスが生じます。


このような微妙な力みが
不調の原因になります。


骨を動かしている状態になると
皮膚を引っ張られるなど
邪魔されても動ける状態になります。


治療としてみると、
骨を動かすように誘導すると
力が出やすくなったり

可動域が改善したりという
効果が得られます。


難しそうに聞こえますが、
やることは簡単です。



==============
【ワーク】
==============


セルフでのやり方を説明しますが、
二人で行うこともできます。


右手首の内がえしについて
手順を説明します。


内がえしは屈曲+内転+外旋の動きです。


左手で右手の甲側の皮膚を
肘側に遊びを取ります。


つまり、動かなくなるまで引っ張ります。


こうすると右手首に力を入れても、
わずかしか内がえしできなくなります。


右手の力を抜いてゆっくり戻します。


このとき、
左手は皮膚の遊びを取り続けます。


右手につられて
左手の力が抜けないようにしてください。


もう一度内がえしすると最初より
動かしやすくなっているはずです。


これを繰り返していると
皮膚の遊びを取っているのに
簡単に内がえしができるようになります。



■解説


皮膚を引っ張られると
皮膚を引っ張り返そうとしてしまいます。


力を抜いて戻る時は
骨が動く本来の動きになります。


この動きを反転すると
本来の動きで内がえしできるので、

皮膚を押さえられていても
動けるようになるのです。


ASTR(Active Soft Tissue Release)
という手技と一見似ていますが、

ASTRは局所的に
ストレッチする技法で全く異なります。


鈴木章夫先生の
モーションロックとも似ています。


モーションロックでは
動きをロックするポイントを探します。


骨を動かす技法では
皮膚の遊びを取ることで動かなくします。


似たようなことを
やっているように見えても、
どのような考えで行うかによって

アプローチするポイントなどは
異なります。


どれがいいというわけではなく、
効果が感じられる手技を選んで
使っていただければ良いと思います。


動画ではスタッフさんの
手首の屈曲の可動域が良くなかったので
例として改善してみました。



==============
【施術ワーク】
==============


手首を屈曲させて、
可動域と力の出方を調べておきます。


力の出方は手首を
屈曲した状態から戻すようにして
押してもらうことで調べます。


骨を動かす技法を行います。
再び可動域と力の出方を調べます。



■解説


骨を動かすことによって
余計な緊張が取れて
可動域や力の出方が改善します。


この場合は伸筋側が緩むので
背屈する力が強くなります。


動画で説明しているように、
「意識を通す」技法を使うと
さらに早く効果が得られます。


皮膚をずらすのではなく、
手根骨を固定して
行うこともできます。



==============
【施術デモ】
==============


手根骨の一つを
肘側に押さえつけるようにして、
同じように骨を動かす技法を行います。


動きがよくなったら
別の骨について同様に行います。



■解説


特定の手根骨にアプローチすることで
効果が出やすいです。


骨をしっかり押さえる必要がありますが、
意外と難しく感じる方が多いです。


橈骨側(親指側)が
固くなっていることが多いのですが、
これは手首の使い方の問題です。


ニュートラルなポジションは
小指側に少し傾いたところなのですが、
多くの人が手首を
まっすぐにして使っています。


これによって橈骨側が
詰まった状態になります。



==============
【まとめ】
==============


1.
関節の動かし方が
本来の骨を動かす動きから
ずれていることが多い。

2.
皮膚の遊びを取ったまま
関節を動かすことで
骨を動かす動きに誘導できる。

3.
骨を動かす動きになると
可動域や力の出方が改善する。


次回のレッスンも
楽しみにお待ちください。


則本純佑



追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)
 
 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 エネルギーTV