エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【ビデオ】重度の肩コリの”意外なあの原因”を取り切る。

1334 Views

おはようございます。

横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


いつもメルマガをお読みいただき
ありがとうございます。


本日は水曜日となりますので、

===========

■毎週水曜配信

則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』

===========

をお届けいたします。


前回は、施術の意識を
操作から対話に変えることで
効果が出ることを体感していただきました。


“腕や脚を引く”という
単純な動作であっても

単なる物理的操作として行うと
緊張させてしまい、相手の反応を
感じながら対話的に行うと緩みます。


今回から、これまでに
ご紹介した技法を肩への施術に活かす
実際の施術法をご紹介していきます。


最初は肩甲骨が回旋する
動きを使って緩める手技です。


肩を動かすときに
上下(挙上、下制)または
内外(外転、内転)に動かすことが多いです。


しかし、肩甲骨を回しながら
上下させる動き(上方回旋、下方回旋)が
最も力が伝わりやすい動きになります。


たとえば、

腕を前に伸ばすように物を押す場合でも、
上方回旋の動きに腕を連動させると
力が出やすくなります。

※動画では回転・挙上と言っていますが
 上方回旋が正しいです。



===============
【施術の原理】
===============


上方回旋させて抵抗を感じたら
さらに上方回旋させるように
皮膚をずらして待っていると、

肩甲骨の動きを妨げている
背中の緊張が緩んで可動域が改善します。


特に肋骨や腸骨の
キワの緊張が影響しています。



===============
【施術デモ】
===============


受け手に横向きに寝てもらいます。
腕を横から挙げて可動域を調べます


相手の肘をもって上げます。
耳の前に腕をつけるようなイメージです。


もう一方の手は肩甲骨に触れておき、
腕と肩甲骨を連動させて動かします。


肩甲骨の動きに抵抗を感じたら
さらに上方回旋の方向に
皮膚をずらします。


遊びを取り切る直前で
テンションをかけると
肩甲骨の動きを妨げている
背中の緊張が手に伝わってきます。


10秒くらい待っていると緩んできます。



■解説


肩の施術というと
僧帽筋・菱形筋・大円筋などの
肩甲骨周辺の筋肉に注目しがちですが、

実は離れている肋骨や腸骨のキワの緊張が
かなり影響していることが分かります。


整体スクールを卒業していたり、
セミナーに参加していても
「肩こりは苦手」という先生は
意外と多くいらっしゃいます。


「肩周りの筋肉を緩めれば良くなる」

という理屈で
教えられている事が多いですが、
他の部位も影響しているのです。


動画では実演しませんでしたが、
この手技がうまくいくと
腕を横から上げる力が出やすくなります。
筋肉が緩んで連動性が高まるためです。


ゲストの先生にも行っていただきました。


待っていると緩む感覚が分かったようでした。


恐らく前回の膝のストレッチよりも
少し簡単だと思います。


緩んで肩甲骨が動いてくると、
テンションをかける方向が少し変わります。


これも相手の体との対話なので
手に伝わる感覚に集中しながら
行うようにする必要があります。


また、つい肩甲骨がカチッと
止まるところまで
動かしてしまいがちですが、

その手前で
じっと待つようにして下さい。


緊張させてしまうか、
緩めることができるかは
紙一重なのです。



===============
【まとめ】
===============


1.
肩甲骨を上方回旋の方向で
皮膚をずらすと緩む

2.
肩甲骨の動きには
腸骨や肋骨付近の緊張が影響している


次回のレッスンも
楽しみにお待ちください。


則本純佑



追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 エネルギーTV