エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

“膝から”気を通して飛躍的に効果を高める方法

60 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


先週、跪座(きざ)という、
つま立ちや両膝をついた施術の
効果を出す正しい姿勢について
解説をして参りました。


タイ古式マッサージなど
床やマットを使う先生は、
必ず習得した方が良い姿勢です。


跪座で施術を行う時は、
手だけでなく、
膝を使われる先生も多いので、

本日は、
==================
膝から気を通して
効果を飛躍的に高める方法
==================
をご紹介いたします。


膝で施術を行う時は、
体重をかけてしまいがちですが、
それでは気も通らず効果が出ません。


実は、膝圧も手で圧すときと同じように
身体の使い方に理法があり、
それに従うことで効果が出ます。


そして、膝圧には手や腕が疲れにくい
というメリットがありますが、
身体の使い方ができていないと
腰などに負担がかかってしまいます。


ですから、施術効果を出す
身体の使い方を身に着けて、
術者の身体の負担をなくすことも
出来るようになりましょう。


ぜひ動画をご覧いただいて
やり方を覚えてください。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ

 

■技法の解説


膝圧には2通りあります。


1.膝に相手の体を当てて
  手で押さえつけるように圧す

2.相手の体に膝を載せて圧す


1の圧し方については、
まず自分の体重バランスを取ります。


左右の体重バランス、
圧す反対の脚の
前後のバランスを取ります。

圧している間もバランスを保ちます。


膝を固定して手の力で圧す人が
ほとんどですが、

術者が圧された力を利用して重心を下げ
地面反力を使って圧すようにしないと
施術効果が出ません。

 

■デモ


ここでは力の出方で評価します。


相手に仰向けで寝てもらいます。

太ももの裏を押さえた状態で
脚を伸ばしてもらいます。

術者は片膝立ちで座り、
太ももを膝で押圧します。


A. 手の力で圧す
B. 地面反力で圧す


Bができると力の出方が改善します。


効果が出なかったときは
体重バランスを見直してください。

バランスが取れていないと
重心が下がらず、効果も出ません。


施術のときは相手をどうするかに
意識が向きがちですが、
自分の状態を整えればおのずと
効果は出ます。

 

■デモ2


これも力の出方で評価します。


横向きで寝てもらい、
下側の脚を軽く押さえます。

この状態で脚を上げてもらいます。


A. 体重をかけて圧す
B. 地面反力で圧す


左手、右手、膝の圧のバランスを
取った上で前後のバランスも取ります。


地面と相手の体に自分の体を
預けているような状態にします。


このとき力みが抜けて
地面反力が通ります。


それによって気が通り、
力の出方が改善するのです。


地面反力が通った状態で施術を行うと
気を身体に通すことができるので、
施術効果はさらに高くなります。


ぜひこのやり方を覚えて
患者さんの症状を根治させましょう。

 

来週も“気功”を極めたい先生に
有益な情報をお届けしますので、

お見逃しのないようエネルギーTVを
チャンネル登録しておいてくださいね。

 ↓↓↓
>>チャンネル登録はコチラ

※チャンネル登録は無料でできます。

 

では来週も楽しみに
お待ちください。

ありがとうございました。


則本 純佑

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV