エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

“気”を腕に通して、施術効果を高める方法

119 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


「徒手療法と組み合わせて
 気功を取り入れたいのに、

 自分に気を通して施術効果を出す
 具体的な方法を学べない…」


こんなお悩みを持つ先生は
いらっしゃいませんか?


目には消えない“気”を
ご自身の身体に流して、
施術するのを難しく考え、
なかなか効果を実感できない…

という先生が、実は結構
いらっしゃいます。


ですが、身体の所作1つで
カンタンに“気”を
身体に流すことはできます。


本日は、
==================
腕の気を通して施術効果を高める
『腕の8の字』
==================
という技法をご紹介いたします。


施術で患者さんに直接触れる
腕に“気”を通すことができれば、

施術効果が高くならない
はずがありません。


ぜひ動画を最後までご覧いただいて、
一緒に練習してみてください。

 ↓↓↓
>>続きはコチラ

 

■練習法


前々回、肩と腕が
連動する動きをご紹介しました。

 

肩と肘と手首を
同時に動かしていましたが、
肩→肘→手首と
動きが伝わります。


ですが、肩に対して
肘の動きが一瞬遅れ、

肘に対して手首の動きが一瞬遅れる
という動きの方が
連動性が高まります。


このように動かすと
手が8の字を描く動きになります。

これが力みがない動きになります。


力みがない状態で腕を動かすと
気が通るので、
施術効果が出ます。

 

■チェック法


力みが抜けたまま
動けているかチェックします。


相手に手首をつかんでもらったまま
腕を動かします。


手から動かそうとすると
力がぶつかって動かせません。


肩甲骨から肘、手首と
動きを伝えるようにすると、
動かせるようになります。

 

■デモ


8の字功法を行う前に
相手の可動域を見ておきます。

相手を押して
動かせるかどうかを見ます。


8の字の動きを行ったあとは、
相手が簡単に動かせて
可動域も改善させられます。


腕に気が通っていれば
施術効果は簡単に
上がるようになるのです。


施術の前だけでなく、
普段のセルフケアとしても有効です。
是非練習してみてください。


来週も“気功”を極めたい先生に
有益な情報をお届けしますので、

お見逃しのないようエネルギーTVを
チャンネル登録しておいてくださいね。

 ↓↓↓
>>チャンネル登録はコチラ

※過去に配信された貴重なテクニックが
 すべて無料でご視聴できます。

 

では来週も楽しみに
お待ちください。

ありがとうございました。


則本 純佑

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2022 エネルギーTV