エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

90%の治療家ができていない“四指圧”で施術効果を出す方法

115 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


「押圧の手技をすると
 指先に負担がかかって痛む…」

これは押圧の手技を行う
治療家によくある
お悩みの1つです。


押圧を行う際に
四指を正しく使えていないため、
指先を痛めてしまっています。


そのまま放っておくと
施術をするたびに痛みが走るので
扱える手技の幅が減ってしまい、

結果的に症状を改善させるどころか
扱える症状まで減ってしまうでしょう。


そんなことになってしまう前に
正しい四指圧のやり方を覚えましょう。


四指圧には2種類あります。

A.中指を他の指で支えて圧す
B.床に手の甲をつけて下から四指で圧す


どちらも正しく行えれば
施術効果はきちんと出ますし、
術者の指先も痛めることはありません。


ですが、実はほとんどの治療家が
正しいやり方を知らないがために
指先を痛めてしまうことが多いです。


詳しいやり方は動画で解説しているので
ぜひ最後までご覧いただいて、

施術結果を出すことができ、
自身の身体も痛めない
治療家になりましょう。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ

 

■施術デモ


Aの圧し方は
腹部の押圧に使われます。

ここでは力の出方(筋反射テスト)で
効果を確認します。


筋反射テストのやり方は
腕を天井の方に上げてもらい、
術者が足の方に下げます。

反射で力が入るかどうか見ます。


押圧ポイントは
肝経のポイントを選びました。
(肋骨の際で乳頭の真下くらい)


指の力みが抜けて力が伝わると
指が沈み込むような感覚が生じます。


筋反射テストも
力が入るようになるはずです。

 

■Bの圧し方


手の甲を床に押しつけて
反力で圧します。


このときも手を指に当てて
手が簡単に動けば
効果が出る状態になります。

 

■施術デモ


首の前屈の可動域を見ておきます。

後頭部に手を添えて
首を反らしてもらいます。

それによって力の出方を見ます。


後頚部の棘突起の
すぐ横を押圧します。


手の甲をベッドに押し付けて
反力を使えると
可動域と力の出方が改善します。


押圧の手技を使う治療家さんは、
指がダメージを受けやすいです。


指の力みが抜けた状態で施術することで
効果が出やすくなるとともに
自分も疲れにくくなります。


ぜひやり方を覚えて
現場で試してみてください。

 

来週も“気功”を極めたい先生に
有益な情報をお届けしますので、

お見逃しのないようエネルギーTVを
チャンネル登録しておいてくださいね。

 ↓↓↓
>>チャンネル登録はコチラ

※チャンネル登録は無料でできます。

 

では来週も楽しみに
お待ちください。

ありがとうございました。


則本 純佑

 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV