エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

“跪座(きざ)”で施術効果を高める方法【床で施術をする先生必見!】

47 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


先生、もしくは先生の周りには
ベッドで施術を行わずに、

床やマットで施術している
先生がいらっしゃいませんか?


床で施術をするとなると、
つま立ちや両膝をついて
(跪座(きざ)と言います)
施術することになるので、


「なかなか力が伝わらず
 思うように効果を出せない…」


という悩みを抱えている先生が
よくいらっしゃいます。


特に、タイ古式マッサージなどの
先生からよく聞く悩みですね。


確かに、筋肉がガチガチにこって
緊張で身体が強張っているような
患者さんには、

ついつい強い力で押したりなど
力を入れた施術をしてしまいます。


ですが本日は、
==================
跪座(きざ)で施術効果を高める方法
ソフトな力でも効果が激変!
==================
という内容をお伝えしたいと思います。


ついつい力を入れて施術をしたくなる
跪座ですが、

正しく行うことができれば
触れているだけのような
ソフトな力でも効果が出するんです。


さっそく、詳しいやり方を
動画でご覧ください。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ

 

■跪坐の練習


跪坐で手を身体の前に出し、
相手の人に上からしっかり
押さえてもらいます。


地面反力で身体を起こすようにすると
相手の手を上げられます。


これで地面反力が
使えているか調べられます。


腕力や腰を反らす力では
まず上げられません。


押圧のときは逆に重心を下げながら
手に地面反力を伝えていきます。

このとき膝が少し前に出てきます。


跪坐で足の指が痛くなる方は、
小指の方まで体重が分散されるように
足を少し傾けると痛くなりにくいです。

 

■デモ


跪坐での押圧を体重圧と比較します。
肩の可動域を見ておきます。

肩の近くを押圧して可動域の変化を見ます。


A. 体重をかけて押圧します。
B. 地面反力で押圧します。


体重で押圧する人がほとんどですが
可動域は改善しません。

地面反力を使うことができると
可動域が改善します。


片膝立ちでの押圧を体重圧と比較します。
背中を押圧して可動域の変化を見ます。


A. 体重をかけて押圧します。
B. 地面反力で押圧します。


座る姿勢で施術するときも
地面反力が使えるかどうかが
ポイントになります。


地面反力が使えていない
施術効果が出ないだけでなく、

術者の身体に
負担がかかってしまいます。


ぜひ跪座で施術されている先生は
この方法を取り入れてみてください。

 

 

来週も“気功”を極めたい先生に
有益な情報をお届けしますので、

お見逃しのないようエネルギーTVを
チャンネル登録しておいてくださいね。

 ↓↓↓
>>チャンネル登録はコチラ

※チャンネル登録は無料でできます。

 

では来週も楽しみに
お待ちください。

ありがとうございました。


則本 純佑

 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV