エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 気功

 かとう公いち

気功施術に欠かせない狭間(はざま)の意識

916 Views

おはようございます。

横浜で気の治療院をやっております、
かとう公いちです。


これから毎週金曜日は
私をはじめとした講師陣から

あなたに気やエネルギーの
さらに深い部分をお伝えする…


===============

■毎週金曜配信!
『ゴッドハンドの不思議な世界』

===============

をお届けして参ります。


さて、狭間(はざま)は
物事と物事の間の事ですね。


それも凄く狭い領域です。


夢と現実の狭間、
とかよく使いますね。


体験された方も
いらっしゃるかもしれませんが、

夢なのか現実なのか、
そんなゆらゆらした感覚です。


麻酔をかけられて
うつらうつらしていたり、
寝入りばなもそんな感じかも知れません。


気功施術をするときには
脳波をθ(シータ)波に持っていきます。


θ波というのは
4~7ヘルツの脳波で、

麻酔をかけられたり
うつらうつらしている状態になった時に
海馬周辺から発生する脳波です。


ちなみに、


・デルタ波:4ヘルツまで
  →深い睡眠状態

・シータ波:4~7ヘルツ
  →寝る寸前、うつらうつらしている状態

・アルファ波:8~13ヘルツ
  →リラックス状態

・ベータ1波:13~20ヘルツ
  →起きている状態

・ベータ2波:20~30ヘルツ
  →悲しい、怒った状態

・ガンマ波:30ヘルツ以上
  →恐怖、恨みなどの状態


これを見てハッキリわかるのは
デルタ波~アルファ波までは
とても力が抜けている良い状態ですが、

ベータ波以降は力が入って、
頭に血も「気」も昇ってしまっている
非常に危険な状態です。


プールを想像してください。
誰もいない静かなプールです。


水面に顔だけを出して
プカプカ浮いています。


とてもいい気持です。


水中が「睡眠」で水上が「覚醒」です。


狭間というのは
この水面に浮いている状態です。


バランスよく浮いているうちは
良いですが、チョットした加減で
水の中に沈んでしまうことがあります。


狭間で留まるというのは
とても繊細な難しい作業です。


ではなぜ、バランスよく
浮いていたのが
沈んでしまうのでしょうか?


それは身体の何処かに
「力」が入ったからです。


水面に浮いている状態で
身体に力を入れてください。


沈んでいってしまいます。


水中では沈んで溺れてしまいますから
力を抜かないといけない事に
すぐ気が付きます。


でも、私たちは水中に
住んでいる訳ではありません。


身体に力が入っても
溺れないし死にません。


ですから、
知らず知らずに力が入ってしまい
狭間で浮くような生活とは
対極に行ってしまっています。


その結果、
身体に負担をかけていますから
耐えられなくなって
色々な病気になってしまうのです。


力を抜く、身体を緩ませるという事が
生きる上で一番大切な事です。


人間は柔らかく生まれて、
堅くなって死んでいきます。


歳をとっても
身体も頭も柔軟な人は
元気で長生きです。


エネルギーTVの
他の先生もおっしゃっているように、

気功においてリラックスが
大切な理由が、何となく
イメージできましたでしょうか?


さあ、力を抜いて、
フーっと息を吐いて吐いて…


吐ききったら
今度は自然に吸いたくなります。


鼻からスーっと息を吸いましょう。


本日も最後までご覧いただき、
ありがとうございました。


かとう公いち



追伸


先生はもう、

「エネルギーTV
 Youtubeチャンネル」

はチェックされましたか?


エネルギーTVでは
今後も気功やエネルギー治療の
達人の講義映像を
無料でお届けしていきます。


公開された映像は全て

「エネルギーTV
 Youtubeチャンネル」

に蓄積していきますので、


こちらのチャンネルから
最新映像から過去の映像まで
全てご覧いただくことが可能です。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1 (クリック後、登録確認の画面が出ます)
  
 
 
 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2019 エネルギーTV