エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

【螺旋】触れただけで緩む”ひじ”の作り方

227 Views

 

おはようございます。

横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、

===========

■毎週水曜配信

則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』

===========

をお届けいたします。


今回と次回は
連動トレーニングについて
より詳しく解説していきます。


前々回に、
“螺旋の動き”をインプットする
という方法をご紹介しました。


手を添えた状態で肘を動かす前に
前腕の角度を変えていくと、
力みが抜けるところがあります。


緩む感覚が分からないとできないので
少し難しいですが、緩んだまま動かすので
動きのインプットの効率が上がります。


施術家の方が自分で行うと
施術効果を上げやすくなります。


また、緩む感覚をつかむことで
施術の練習にもなりますので
ぜひ映像を見ながら試してみてください。

 

==============
【実践編】
==============


今回はプロの施術家の方を
ゲストにお迎えして
実践していただきました。

 

■ワーク:伸展+内旋


肘を曲げた状態で
反対の手を手首に添えます。


肘をわずかに伸ばそうとしながら
前腕のひねる角度を変えていきます。


角度が合うと
添えている手の力が抜けます。


添えている手と
一緒に腕を落とすような
感じで肘を伸ばしていきます。

 

■効果をテストする


テスト法はここ数回使っている
以下の2種類を用います。

 1.相手を押して動かせるか
 2.そのときに可動域が広がるか


インプットができていると
それだけで気が通る状態になるので
相手が簡単に動いたり、
可動域が広がったりします。


動画では示していませんが、
インプットがうまく行っていると
自分の可動域も広がります。

 

■ワーク:屈曲+外旋


屈曲+ひねりの螺旋の動きも
同様にインプットすることができます。


屈曲のときは
肘で相手を押すことでも
テストできます。


マッサージなどで肘圧を使う先生は
螺旋の動きができていると
効果を大幅に上げることができます。


最後に、今回のゲスト先生から
こんな質問を頂いたので
皆さんにも共有しますね。

 


ーーーーーーーーーーーーーーー
Q武道家も螺旋の動きの原理を
 使っているのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーー


本来は使うべきなのですが、
できている人は少ないです。


たとえば、突きのときに
腕をひねるという型や教えがあります。


本講座でお伝えしているように、
関節本来の螺旋の動きができていると

相手に作用させやすくなり、
自分の身体も傷めにくくなります。


ただし、型を外見だけ真似ていたり
言葉でひねるように指導されるだけでは
正しい螺旋で動かすことは難しいです。


これは螺旋の動きを
トレーニングする方法がほとんど
知られていないためだと思われます。


連動トレーニングは
武道家にとっても非常に役立つ
トレーニングになっています。


心身楽道にも武道家の方が
学びに来られることがあります。


次回のレッスンも
楽しみにお待ちください。


則本純佑

 

追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。


貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!
 ※登録はもちろん無料です

 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)
 
 

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2020 エネルギーTV