エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

○○を変えて“触れずに”可動域を改善させる方法とは?

466 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

 

 

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


先生は…

ただ触れただけで患者さんの
ガチガチになった筋肉や可動域を

緩ませ、改善することができますか?


私は患者さんを施術する際は
常にそのテクニックを使って

施術効果を最大限まで
高めています。


これは、気功やエネルギーなど
特別な力を一切使いません。


その方法を今すぐ知りたい先生は
動画をご覧ください。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ


※動画視聴ページにジャンプします

先ほどお伝えした
触れるだけでガチガチの筋肉や
可動域を改善させる方法ですが、

そのために注意したいのは
“手首の角度”だけ。


きっと、普段の施術では
テクニックだけに囚われて

手首の角度なんて考えたことも
ないのではないでしょうか。


実は、先生がニュートラルでしている
手首の角度では、

手首から筋肉の緊張が伝わってしまい
逆に施術効果を落としているのです。


ただ触れるだけで改善させ
さらに施術効果を高めたいのなら、

手首を螺旋の動きで動かし
患者さんの筋肉に緊張を与えないことが
大切です。


螺旋の動きで手首を動かすための
練習法は動画で解説しているので

ぜひご覧になってやってみましょう。

 

■螺旋の動きのインプット


「力を抜いたときは
 関節本来の螺旋の動きが現れる」

という原理を用いて
螺旋の動きをインプットします。


左右の手を合わせます。
一方の手でもう一方の手を押します。

力がぶつかって止まったら
力を抜いてゆっくり戻します。


このときの動きは
螺旋の動きになっています。

この動きを反転して押すと
先ほどよりも手が動かしやすくなります。

手を反らす動きも同様に行えます。


螺旋の動きができると
肘も連動して動きます。


自分で意図して一緒に動かすのではなく、
自然に動くのが連動の動きです。

■手首の位置と力の伝わり方


相手と向かい合って立ち、
肩を押します。

A.手首をまっすぐにする
B.手首をニュートラルポジションにする


Aでは力がぶつかって相手が動きません。
Bでは簡単に相手を動かすことができます。


Bでは力が伝わりやすくなるのと
相手に防御反射が起きないため
簡単に動かせるようになります。

■施術への応用


受け手に横向きに寝てもらいます。
股関節を外転させて可動域を見ます。


太もものどこかを押圧します。
2つの手首の位置で効果を見ます。

A.手首をまっすぐにする
B.手首をニュートラルポジションにする


Bのときは可動域が改善しました。


Aのときは受け手の体が固く感じますが
これは術者が力んでしまうため

受け手が反射的に力んでしまうためです。


文字だと説明が難しいので
実際に施術した様子をご覧ください。

 

この螺旋の動きを
身体にインプットでいれば、

筋肉が緊張しなくなるので
術者の疲労も溜まりにくくなり、

さらに多くの患者さんを
診ることができます。


普段の生活でも取り入れて
全身使えるようになれば、

先生の身体を守ることができるので
ぜひやってみてください。


追伸


エネルギーTVの
最新映像から過去の映像はすべて
こちらのチャンネルから
無料でご覧いただけます。

貴重な映像の見逃しが
少なくなるので、

まだチャンネル登録を
されていない先生は、コチラから
済ませておいてくださいね!


 ※登録はもちろん無料です
 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UC6jmL229uWG4WftxCqW2Zpw?sub_confirmation=1
(クリック後、登録確認の画面が出ます)

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV