エネルギーTV【気功・エネルギー治療専門チャンネル】

気功・エネルギー治療の極意を記事や動画を通じて無料で学べる、治療家のための気・エネルギー専門チャンネル

 テクニック

 則本純佑の「1日3分でわかる気功のレッスン」

“気”の状態引き上げて人間関係の対立を超える方法とは?

283 Views

↓↓本日更新の動画はコチラ

おはようございます。
横浜の気功・整体教室
心身楽道の則本純佑です。


本日は水曜日となりますので、
===========
■毎週水曜配信
則本純佑の
『1日3分で分かる気功のレッスン』
===========
をお届けいたします。


「先生、大丈夫なので
 もっと強めに押してください」

「なんだかまだ痛いんで
 もう少し施術してくれませんか」

「本当にこんなやり方で
 治るんですか」


“お客様は神様”という
昔から伝わる悪しき風潮で、

患者さんの奴隷となっている先生は
いらっしゃいませんか?


“お客様は神様”という
サービス精神の背景を
少し紐解いてみると、

その関係には“上下関係”が
含まれてしまっていることが
お分かりになるでしょうか。


つまり、支配と被支配のような
ネガティブな関係で、

もう少し具体的な例を挙げるなら
上司と部下や教師と生徒のような
上下関係が挙げられます。


そして実はこのような上下関係は
気功の世界では、

気の質を下げて悪くしてしまう
原因の1つでもあるのです。


なぜかと言うと、上下関係は
“対立”の関係になるので、

お互いの気を下げてしまう
悪い関係ということになるのです。


そこで本日は、
==================
人間関係の対立を超えて
気の状態を引き上げる技法
==================
をご紹介いたします。


もし、患者さんの奴隷になり
なかなか思うような施術ができない
というお悩みを抱える先生がいるなら、

ぜひこの技法を
試していただきたいと思います。


と言いっても、上下関係になっている
患者さんに向かってハッキリものを言う
というような方法ではございません。


今回は頭の中で気の質を高めて
状態を引き上げるような
理想の関係をイメージするだけです。


その関係をイメージするだけで
施術効果も引き上がり、

術者と患者さん、お互いの
気も引き上げられるのです。


とても簡単にできるので
ぜひ動画をご覧いただいて
現場で試してみてください。

 ↓↓↓
▼続きはコチラ

もう少し具体的に
例を挙げながら解説していきます。

人間関係を3通りに分けてみます。


A.支配/被支配という上下関係

これはいわば
ネガティブ対ネガティブという
対立関係になっています。


会社だったら上司と部下という関係です。

出世して上司の側になれば幸せか、
というとそうでも無いのです。


気としてはお互いに下げていく状態なので
1番よろしくない関係となります。

B.もてなす/もてなされるという関係


これはポジティブとネガティブの
対立になっています。


物質的にはもてなされる側が
良さそうに思えますが、

気のレベルでは
もてなされる側がネガティブ、
もてなす側がポジティブ
という関係になっています。


もてなすというのは
与えたいという気持ちの表れだからです。

C.もてなす/もてなすという関係


両方ともポジティブな関係になります。
これが対立を超えた状態です。


気の治療の場合は
BからCの状態に移行することで
治療効果が高まります。


受け手に与えたいという気持ちを持ち
そうでないネガティブな
部分を転換していきます。

■デモ


3つの関係性をイメージして
治療効果を調べてみます。

A. 上下関係
B. 相手をもてなす
C. お互いにもてなしあう


Cがイメージしにくい方は、

「ポジティブとネガティブの融合」
という技法を使うと
イメージしやすくなります。

動画をご覧いただければ
お分かりいただけるかと思いますが、

イメージして施術するだけで
施術効果は全く違う結果になります。


今すぐ効果を底上げすることができる
テクニックなので、

ぜひ動画をご覧いただいて
やり方を真似してみてくださいね。

 

来週も“気功”を極めたい先生に
有益な情報をお届けしますので、

お見逃しのないようエネルギーTVを
チャンネル登録しておいてくださいね。

>>チャンネル登録はコチラ

※チャンネル登録は無料でできます。

では来週も楽しみに
お待ちください。

ありがとうございました。


則本 純佑

Writer

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

©2021 エネルギーTV